0956-82-5700

センター長挨拶

  • HOME
  • たんぽぽ
  • センター長挨拶

2020年東彼杵郡 在宅医療・介護連携支援センター 「たんぽぽ」が開設されました。これは東彼杵郡3町の委託を受け東彼杵郡医師会が、切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進を目的として長崎川棚医療センターの場所を提供していただき設置しています。本センター設置実現には東彼杵郡医師会前会長金澤一先生と長崎川棚医療センター院長藤岡ひかる先生のご尽力があったことを申し添えます。

2025年にいわゆる団塊世代が後期高齢者に達し、その後益々高齢化が進みます。社会を支える若年者の数はさらに減り人口減少が進みます。それに伴う医療体制の再編成が地域医療計画という名で行われ、長崎県全体とともに東彼杵郡内でも病床数の適正化がすすめられます。それに伴い救急医療体制をはじめ入院病床も再整備されてきます。在宅診療や在宅での看取りの割合が高くなってきます。

今後、医療と介護の多職種連携の必要性が増していきます。

まずは地元の医療機関に切れ目のない在宅医療と介護の提供体制構築の必要性を理解していただくことが大切と考え、研修会等を実施して参ります。

東彼杵郡3町をはじめ、近隣医療機関、歯科医師会、薬剤師会、介護保険事業所の皆様とさらに連携を図って参りますので、ご支援くださるようお願い申し上げます。

2022年6月

東彼杵郡 在宅医療・介護連携支援センター 「たんぽぽ」
センター長 野中 直道
(のなか なおみち)