0956-82-5700

たんぽぽとは

  • HOME
  • たんぽぽ
  • たんぽぽとは

東彼杵郡 在宅医療・介護連携支援センター

「たんぽぽ」


たんぽぽは、東彼杵郡の医療・介護連携体制を構築するためのセンターです。

コーディネーターを配置し、医療機関や介護関係者の多職種連携を推進することで、住み慣れた地域での在宅療養生活を支援します。

※このセンターは、東彼杵郡3町から東彼杵郡医師会が委託を受けて行います。

相 談

在宅医療・介護連携の推進に関する相談支援
  • 医療・介護関係者からの在宅医療・介護連携に関する相談への対応
  • 医療・介護情報の収集
  • 地域包括支援センターとの連携

体制構築

切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  • 切れ目のない医療と介護のサービス提供体制の想定と検討
  • 医療・介護関係者の協力を得て、具体的な取組の企画・立案
    (例)主治医・副主治医制、急変時の医療機関の確保、看取り体制等

関係市町の連携

在宅医療・介護連携に関する関係市町の連携
  • 町や関係団体等から出されている広域的な取組を要する課題の整理
  • 課題を踏まえて、広域的な連携が必要な事項についての協議(入退院調整ルール等)

連携図


たんぽぽQ&A


Q1.
相談は誰が行ってもいいのですか?
A1.

在宅医療と介護の連携推進を目的としていることから、医療・介護関係者からの在宅医療に関する相談に対応します。

Q2.
住民も相談できますか?
A2.

相談内容によってはお受けできる場合があります。ただし、基本的には、住民からの相談は、お住まいの町役場にある「地域包括支援センター」がお受けしております。

Q3.
相談はどのような方法で行えばいいのですか?
A3.

在宅医療介護連携支援センターには、専門のスタッフを配置していますので、まずはお電話・FAX等でご連絡ください。必要に応じて、センターの窓口でも相談をお受けします。